高蔵寺ニュータウンの開発は、日本住宅公団(現在のUR都市機構)が手がけた最初のニュータウン開発事業で、農村のたたずまいが残っていた春日井市が住宅都市として飛躍的に発展する契機となりました。
名古屋圏の増加した人口のために住宅建設用地としてこの地区が選定されたのは、中央本線や愛知用水に近く、なだらかな丘陵地がまとまって存在している、などの理由からです。
昭和35年に開発が決定。総面積は702haで、開発地域全体の85%が山林・原野でしたが、谷筋に当たる緩斜面には畑地や水田もあり、これらの農地が開発地域全体の10%近くを占めました。畑地や水田の耕作には溜池の水が利用され、その溜池の名称が藤山池、高森池、石尾池など、高蔵寺ニュータウンの地区名としてその後、使用されることになりました。
最初の入居は昭和43年で、これ以後、丘陵地の西側から東側にかけて住宅用地の造成と住宅の建設が進められ、ショッピングセンター、高蔵寺郵便局、高蔵寺電報電話局などが設けられました。
高蔵寺ニュータウンの中を走る幹線道路のかなりの部分は、かつての谷筋や尾根筋に相当しています。こうした幹線道路や公園が、高蔵寺ニュータウンの美しい景観をかたちづくるようになりました。

春日井市では、高蔵寺ニュータウンが、新たな若い世代への居住の魅力と全ての住民への安らぎを提供し続けるために、「ほっとできるふるさとでありながら、新たな価値を提供し続ける“まち”であり続けること」を目指し、高蔵寺ニュータウンの未来を創造するプラン「高蔵寺リ・ニュータウン計画」を策定しています。
「高蔵寺リ・ニュータウン計画」では、旧小学校施設を活用した多世代が交流する拠点の整備、JR高蔵寺駅周辺の再整備による魅力ある顔づくりの推進などが盛り込まれる予定です。

もっと笑顔で暮らせる街に、子供たちがのびのび成長できるまちに、もっと美しいまちに…、住民の方々のニュータウンへの様々な想いから、まちづくり、子育て、福祉、趣味などたくさんのグループが毎日イキイキと活動しています。

町内会・自治会

全ての地域に町内会または自治会があり、防犯活動や防災活動、まちの美化活動、地域の課題などに取り組んでいます。また夏祭りなどの行事を通じて住民の親睦を図ったり、地域にある他の団体と協同して大きな交流イベントを実施している地域もあります。

コミュニティ推進協議会

住民の交流を通して地域コミュニケーションを図るために組織され、現在6団体が活動しています。町内会・自治会と連携して、地域安全パトロールやイベントなど、それぞれの地域で特色ある活動をしています。

地区社会福祉協議会

小学校区ごとにあって、地域福祉を市民の力でサポートしています(藤山台では全体で一つ)。地域のお年寄りや3歳児までの子どもを持つお母さんたちの、コミュニケーションやサポートする活動などを行っています。

子ども会

子どもたちが屋外で元気に安全に遊んだり、異年齢の子どもが一緒に触れ合う機会としていろいろな活動をしています。会によってはイベントに参加したり、資源回収をしたり、バスで出かけたりしながら交流を深めています。

老人クラブ

複数の町内会地域にまたがった大きなクラブもあれば、狭い地域を基盤にしたクラブもあります。パソコン教室や料理教室、カラオケや山登りなど活動内容は多種多様ですが、多くの人と知り合い、趣味やイベント参加、ボランティア活動など人の輪も広がっています。

緑のクリーンプロジェクト

地域住民が協力して行っているプロジェクト。塗装が剥げて古びてきた公園のベンチや歩道のガードフェンスなどのお化粧直しを行ったりしています。街の景観が美しくなる楽しみに加え、共同作業によって参加者同士の交流も深まっています。