バス+JR線で名古屋まで30~40分。
ニュータウン内の移動はバスが便利。高蔵寺駅にもアクセスしているので、通勤には名古屋駅まで30~40分程度。瀬戸市までは愛知環状鉄道で約10分。車の場合は春日井ICまで約13分と、とても便利なアクセス環境です。

ニュータウンと高蔵寺駅をつなぐバス

名鉄バス

高蔵寺駅北口からニュータウンの各方面へ発着しています。深夜バスも走っています。
 

サンマルシェ循環バス

ニュータウン内を縫うように走り、住民の暮らしをサポートする、高蔵寺ニュータウンセンター開発が運営する循環バスです。1乗車 大人100円 小人50円。

かすがいシティバス

昼間帯における移動手段として市内公共施設、市民病院、駅を循環しています。1乗車 大人(中学生以上) 200円、小人(小学生) 100円など

その他施設

春日井市内

四季折々の植物が植えられた庭園を散策したり、のびのび遊んだりできる施設。動物ふれあい広場、芝生広場、カフェでくつろげる緑と花の休憩所、ボート池など子どもも大人も楽しめる施設がたくさん。

森と池に囲まれた野外体験施設。フィールドアスレチック、バーベキューやキャンプファイヤー、ハイキングなど家族で気軽に参加できるプログラムがたくさんあり、のびのびと自然体験ができます。

季節の野菜を収穫できるビギナーファームや、コースプログラムで野菜の植え付けから収穫まで体験できるアクティブファームなど、子どもから大人まで、手ぶらで気軽に「農」に触れることができます。

東京から大阪まで繋がる、長さ1,697kmの長距離自然歩道。豊かな自然と貴重な文化財を結んだコースです。愛知県内は、天竜奥三河、愛知高原、飛騨木曽川の3つの国定公園を通過しています。

日本の都市公園100選にも選ばれた、池の周囲を美しい木々と芝生広場が取り囲んでいる公園。大噴水やフォリー水の塔が人気で、春は花見、夏には花火と、春日井市民の憩いのスポットです。

春日井三山

隣接する弥勒山、大谷山、道樹山の総称。三つの山の標高差が近く、尾根道が東海自然歩道の一部になっている。四季折々の自然や素晴らしい眺望が開け、名古屋近郊ハイキングの人気スポットです。

犬山方面
博物館 明治村

60以上の明治時代の建造物などを移築した、野外歴史博物館。建物だけではなく、乗り物、食べ物、文化などを体験でき、まるで明治時代にタイムスリップしたよう。多くの映画やドラマの撮影に使われています。

入鹿池

飛騨木曽川国定公園内、明治村に隣接した人工の池。貸ボートが楽しめる。10月~3月はワカサギ釣りが大人気で、サオ、エサ、ボートがすべてレンタルできるので手ぶらで気軽にワカサギ釣りに行けます。

子育て世代におすすめの総合自然公園。広々とした人工芝の丘を滑り降りる「ソリスベリ」や、かわいい動物たちとふれあえる「ちびっこ動物村」、わんぱく冒険広場など、子どもたちが夢中になる施設がたくさん。

多治見方面
廿原ええのお

多治見の観光農園として人気のスポット。里山風景が広がる廿原町で、夏はブルーベリー狩り、冬から春はイチゴ狩りが楽しめます。

瀬戸・名古屋方面

東谷山山麓にある、果物をテーマにした農業公園。15種類の果樹園や「世界の熱帯果樹温室」「くだもの館」があります。売店やレストランでは新鮮な果物や搾りたてのジュースを販売しています。

建武3年(1336)創建、尾張徳川家の菩提寺「応夢山 定光寺」。本堂は国の重要文化財となっています。愛知高原国定公園の中にあり、春には桜、秋には紅葉の名所としても知られています。