グルッポふじとうって?

グルッポふじとう(高蔵寺まなびと交流センター)は、旧藤山台東小学校施設のリノベーションを経て、平成30年4月1日に開所しました。この施設は、「まなび」・「交流」・「居場所」をコンセンプトとした多世代交流拠点施設で、図書館、児童館、コミュニティカフェ、地域包括支援センター、こどもとまちのサポートセンターなどで構成されています。施設内は旧小学校の教室床をそのまま使用するなど、以前の記憶を残しつつ、リノベーションにより新しい雰囲気を作り出しています。“グルッポふじとう”とは、イタリア語で「集まり」を意味する「グルッポ」と藤山台東小学校の略称「ふじとう」を合わせた言葉で、「藤山台東小学校として多くの子どもたちや地域の皆様に愛されていた記憶を後世に残したい」という過去の継承と、「この施設に世代を超えた多くの人が集い、にぎわう施設であってほしい」という未来への願いの両方が込められた愛称です。

グルッポふじとうの新着情報

ニュース
  • グルッポふじとう4周年祭✨

    グルッポふじとう4周年祭✨ 2022年4月6日
    グルッポふじとうは、5月に開所から4周年を迎えます🎂 周年祭として子どもも大人も楽しい企画盛りだくさんのイベントを開催します☺ 今注目されている昆虫食のブースもありますよ! ご家族やお友達と、ぜひ遊びに来てくださいね♪ 【開催日時】 5月5日(木) 10:00~16:00
  • 3月23日(水)以降の開館状況のお知らせ

    2022年3月23日
    3月23日(水)以降開館状況について、変更がありましたのでお知らせいたします。下記添付ファイルをご覧いただきますようお願いいたします。3月23日以降の開館状況について
  • 図書館からSDGs~みんなの行動が未来を変える~開催のお知らせ

    2022年1月25日
    SDGsって“なに”?  それは「Sustainable Development Goals」の略で、「SDGs エス・ディー・ジーズ」と読みます。 日本語では「持続可能(じぞくかのう)な開発目標(かいはつもくひょう)」といいます。 2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。 17のゴール・169のターゲットか…