グルッポふじとうの施設案内

1F コミュニティカフェ ※1

午前9時~午後6時

  • 施設の玄関口として総合案内や相談窓口を設置(コンシェルジュを配置)
  • 魅力ある飲食やどんな世代もくつろげる場を提供

1F 児童館 ※1

午前9時~正午 午後1時〜午後6時

  • 乳児、幼児、小中高生ごとに計4部屋を用意
  • 子育て支援団体などを対象とした活動スペースの提供

1F 地域包括支援センター

月~金曜日(祝日を除く)
午前9時~午後5時45分

  • 藤山台、岩成台地区を対象
  • コミュニティカフェの相談機能との連携

運営者:(医)喜峰会

3F こどもとまちのサポートセンター

月~金曜日
午前10時~午後6時

  • 子どもや子育ての支援、就労や就学に困難な人の支援
  • 起業・活動支援をするスペースレンタル事業

運営者:NPO法人まちのエキスパネット

3F 貸会議室 ※1

午前9時~午後8時

  • 4種類の会議室を設置(予約制、利用料金制)

貸体育館・芝生広場・遊具広場 ※1 ※2

体育館
午前9時~午後9時
(ただし、平日午後4時〜午後6時は貸し出し不可)
芝生広場・遊具広場 ※2
午前9時~午後6時

1F 図書館(児童図書) ※1

午前9時~午後6時

2F 図書館(一般図書、グループ学習室、持込パソコン室など) ※1

午前9時~午後6時

  • 本の出会いと学習の場を提供
  • 複合施設のメリットを生かし児童館などと連携を行う

3F 図書館(学習室) ※1

午前9時~午後8時

  • 学習室A 30人
  • 学習室B 30人

※1 休館日:月曜日(月曜日が祝休日の場合、その直後の休日でない日)
※2 芝生広場は令和3年9月4日(土)から利用開始


貸会議室について

グルッポふじとうでは4つの異なるタイプの会議室を利用することができます。大人数が入る大会議室や教室の雰囲気を楽しむことができる会議室Aなど使い方は人それぞれ。4つの会議室の全てに「Wi-Fi(ワイファイ)」設備を完備していますので、インターネット通信を活用した会議などを行うことができ飲食も可能です。

大会議室
  • 最も面積が広い会議室です。
  • 旧小学校の教室床をそのまま残し活用しています。

小会議室
  • 最も面積が狭い会議室です。
  • 旧小学校の教室床をそのまま残し活用しています。
  • 机は旧家庭科室で使用していた物を活用しています。

会議室A
  • 中規模の会議室です。
  • 旧小学校の教室床をそのまま残し活用しています。
  • 机と椅子は旧小学校の教室で実際に高学年の生徒が使用していた物を活用し旧教室の雰囲気を演出しています。

会議室B
  • 中規模の会議室です。
  • 旧小学校の教室床をそのまま残し活用しています。
部屋名 定員 利用単位 金額
大会議室 定員60名/延床面積約96㎡ 午前、午後、夜間それぞれにつき 2,400円
小会議室 定員18名/延床面積約33㎡ 午前、午後、夜間それぞれにつき 800円
会議室A 定員40名/延床面積約64㎡ 午前、午後、夜間それぞれにつき 1,600円
会議室B 定員45名/延床面積約64㎡ 午前、午後、夜間それぞれにつき 1,600円
  • 「午前」とは午前9時~正午(3時間)、「午後」とは午後1時~午後4時(3時間)、
    「夜間」とは午後5時~午後8時(3時間)※利用時間の縮小はできません。
  • 当該利用時間は、準備及び片付け時間を含みます。
  • 利用時間の延長は1時間につき相当額をいただきます。
    (例:大会議室の午前利用者が正午~午後1時まで延長する場合、1時間相当額800円をいただきます。)

貸会議室について

  • プロジェクター・スクリーン等を無料で貸出をしています。(要予約)
  • 電源コンセントを使用される場合は別途申し込みをしてください。(1時間につき100円/1kw)

貸体育館について

グルッポふじとうに併設する体育館です。
小学校として使用されていた時のものをそのまま残しているため、味わいのある空間となっています。
平日は午前9時~午後4時、午後6時~午後9時まで利用可能です。
その他の日(土・日・祝日)は午前9時~午後9時が利用可能です。
※平日の午後4時~午後6時は、放課後児童への開放時間となりますので利用はできません。

【全面利用】
バスケットボールやバレーボールなど、全面を使用した運動やスポーツが可能です。

【2分の1利用】
バスケットボール(使用条件有)やバレーボールなど、2分の1の面積(ABまたはCDでの利用)を使用した運動やスポーツが可能です。

【4分の1利用】
4分の1の面積を使用した運動やスポーツが可能です。

【体育の用に供する場合(運動やスポーツを行う場合)】

区分 利用単位 金額
全部利用(全面を利用する場合) 1時間につき 800円
2分の1の面積を利用する場合 1時間につき 400円
4分の1の面積を利用する場合 1時間につき 200円
卓球の場合 1台1時間につき 100円

【体育の用に供しない場合(運動やスポーツ以外(催しや行事など)を行う場合)】

利用単位 金額
1時間につき 5,100円

体育の用に供しない場合はあいち共同利用型施設利用予約システムのご利用はいただけません。


芝生広場、遊具広場及び正面広場その他センターの敷地(駐車場を除く。)について

グルッポふじとうでは、施設の正面に位置する芝生広場や遊具広場やコミュニティカフェとつながる明るい正面広場なども利用することができます。催しや行事などを行う場合のみ利用予約できますので、利用を希望される場合は高蔵寺まちづくり株式会社にお問い合わせください。これらは共有スペースになりますので、通常利用に支障がない範囲において貸出許可を行うため別途調整が必要となります。

【催し時にテントなどを設置し、その場所を占用する場合】

区分 利用単位 金額
競技会、展示会、博覧会 その他 これらに類する催しのため設けられる仮設工作物 1平方メートル1日につき 41円

【催しなどの行為をする場合】

区分 利用単位 金額
募金又は業として写真の撮影を行う場合 1日につき 200円
業として映画の撮影を行う場合 1日につき 2,060円
興行を行う場合 1平方メートル1日につき 77円
展示会その他これに類する催しを行う場合 1平方メートル1日につき 3円

申し込み(貸会議室・貸体育館等)

1.窓口での申し込み

  • 利用日の月の2か月前の初日から3日前までに直接来館し手続きをしてください。
  • 受付月の初日のみ抽選順(抽選受付は午前8時30分~午前9時)に受け付けし、以後は順次受け付けます。
  • 使用料は利用の許可を受けた時に納付してください。

2.インターネット・携帯電話での申し込み(会議室・体育館)

  • 「あいち共同利用型施設予約システム」を利用して、利用日の月の2か月前の11日から3日前まで、インターネット・携帯電話で予約できます。
  • 予約後は、10日以内に施設窓口で利用許可の申請及び使用料の納付をしてください。施設窓口の受付時間は午前8時45分~午後5時30分(休館日を除く)です。
  • 予約後10日以内に利用許可申請及び使用料の納付がない場合は、予約が取り消されます。
  • 利用日が予約した日から12日以内の場合は、利用日の3日前までに申請及び使用料の納付をしてください。

3.インターネット・携帯電話での空き情報検索(会議室・体育館)

  • 利用日の月の2か月前の11日からインターネットまたは、携帯電話で空き状況の検索ができます。
    ※「あいち共同利用型施設予約システム」については、下記をクリックしてください。
  • あいち共同利用型施設予約システム(外部リンク)
    https://www.e-shisetsu.e-aichi.jp/web/rsvWTransUserAttestationAction.do

4.利用可能施設登録

「あいち共同利用型施設予約システム」では、利用者登録を行うとIDとパスワードを利用してログインすることはできますが、利用予約の抽選申し込み、利用予約機能を利用するためには、利用可能施設登録の窓口で行っていただく必要があります。
利用可能施設登録にあたっては、

  1. 施設予約システムのID
  2. 本人確認ができる書類(運転免許証、パスポート、健康保険証、年金手帳、学生証など)
    をお持ちください。

問い合わせ先:高蔵寺まちづくり(株) 0568-37-4919 管理グループ


生涯学習活動団体の認定を受けた団体に対する利用料金の減免

市内の各公民館、ふれあいセンター、市民活動支援センター(ささえ愛センター)で生涯学習活動団体として認定された団体が、グルッポふじとうの会議室、体育館、芝生広場、遊具広場及び正面広場その他センターの敷地(駐車場を除く。)を利用料金を支払って利用する場合は、生涯学習活動団体認定証の提示により50%減免となります。減免を希望される場合は、利用申請書を提出される際に高蔵寺まちづくり(株)にお申し出ください。


台風の接近等に伴う施設の開館・閉館等の判断基準について

台風の接近等に伴う暴風雨や集中豪雨等の異常気象により、災害が発生するおそれがある場合は、施設を利用されている方の避難行動を優先する必要があることから、グルッポふじとうの開館・閉館等における一定の判断基準は、次のとおりとします。

1 閉館基準

  • 市内に暴風警報、防風雪警報又は特別警報が発表された場合
  • 施設がある区域に市災害対策本部が、「警戒レベル3 避難準備・高齢者等避難開始」、「警戒レベル4 避難勧告」又は「警戒レベル4 避難指示(緊急)」を発令した場合

2 再開館基準

  • 暴風警報、暴風雪警報又は特別警報や市災害対策本部が発令した「警戒レベル3 避難準備・高齢者等避難開始」、「警戒レベル4 避難勧告」又は「警戒レベル4 避難指示(緊急)」が解除され、施設の安全が確認できた場合

※判断基準により、施設を閉館し、施設利用者に帰宅を促す際に、安全に帰宅することが危険な場合は、一定期間、施設内に留まるなど、施設利用者の安全に配慮し対応します。